ケアマネージャーの大切な仕事とは?

今回は、愛さんさんグループのケアマネについて紹介します。

一般的にケアマネ(ケアマネージャー)は、「支援・要介護認定者およびその家族からの相談を受け、介護サービスの給付計画を作成し、自治体や他の介護サービス事業者との連絡、調整等を行う」(Wikipedia参照)となっています。

しかし、当事業所のケアマネはそれ以上に大切な事があると考えています。

それは、
①「今できていることを把握し、お客様とできている事の共有を図る」
②「本人の将来のなりたい姿を聴く」
というものです。

我々がかかわっているお客様は大半が、病気やケガ等で心が冷たくなっている状態です。その穴を少しでも暖かさでうめていき、さらには自身で暖かい心をうめられるようにしていくことが当事業所のケアマネにとって重要だと考えています。

お客さまひとりひとりが暖かな心で過ごせるよう、自立支援介護・基本ケア(水・食事・排泄・運動)を実践し、お客さまが自立を自覚し、新しくやりたいことを創っていくことができるよう、今後も自立支援のスキルアップに努めていきたいと思っています。

記)ケアマネージャー 新坂

関連記事

  1. デイサービスの取り組みを知ってもらう「運営推進会議」とは?

  2. おむすび宮城

    おむすび宮城とは?

  3. 日本カーシェアリング協会の取り組み

  4. 塩釜事業所 特別弁当

  5. 四半期に一度の「CA合宿」を行いました!

  6. 社内育成制度「アカデミートレーニングプログラム」を開始します…

PAGE TOP