墓参

今年はじめての母のお墓詣りにまいりました。
いつも見守ってくれてありがとう。

人類700万年からしたら、人生は一瞬。
個人の人生は、人類年表の点でしかない。

自分が人生の幕を閉じる時に
どんな人生だったと、最後に語りたいか?
自分の人生は〇〇な人生だった。
〇〇は何?

死を口にすると不謹慎といわれることが多いけど、
死を深く考える事で”生”が際立つ。
ある哲学者が
「全ての文化は生を直視しないためにある。」といったけど、正にそう思う。

苦難は人を強くする、
問題が問題ではなくその捉え方が問題。

私の小さな器を拡張いただく数々の機会に恵まれたこと、感謝します。
私よりも、もっともっと苦しい現実を抱えている方々の人生が少しでも輝くよう、仕組みを世の中に残します。

お母さん、そちらはどうですか?
そちらに行く時に良い話ができるよう今に最善を尽くします。
いつもありがとう、本当にありがとう!

関連記事

  1. 宮城県塩竈市のオアシス「花薫る喫茶処 蕾」

  2. 悩み多き、若き日の自分に向けたメッセージ

  3. 世界遺産 高野山&熊野古道からみる愛さんさん村づくり

  4. 原点回帰

  5. (財)日本プロスピーカー協会の認定プロスピーカーに!

  6. なぜ幹部と学び続ける必要があるのか?

PAGE TOP